誰にでも訪れる冒険とハッピーエンド

例えば、地球を初めて見る宇宙人に「冒険」を説明するなら、どんなふうに説明する?「お母さん」の雰囲気とか、ううん、前提として世界や日本のことから説明始めるのかもしれない。

ホーム

熱中して吠える兄さんと電子レンジ

見とれるくらい綺麗な人に出会ったことがありますか?
私は一回だけありました。
バス内で20代後半くらいの方。
女の自分ですが、ドキドキしてしまいました。
どれだけお手入れをしているか、という自分の努力もあると思います。
だけど、本人から醸し出すオーラは多分ありますよね。
世の中には素晴らしい人が多くいらっしゃるんだなーと思いました。

気持ち良さそうに熱弁するあいつと気の抜けたコーラ
このところ、わが子が家の外で遊ばない。
暑くてきついからか、室内で気にいった遊びがとても楽しいからか。
前までは、ものすごく外に遊びに行きたがっていたのに、此の程は、ある程度でも行きたがらない。
まあ、父としては、まったくもって困ることもないので、気にしてはいないが、けれども妻はある程度でも考えている。
けれど、暑すぎる場所で遊ばせるのも心配だ。

余裕で大声を出す父さんとファミレス

昔から興味はあっても行ったことはないのだけれど、夜の暗さの中での動物園は、夜行性の動物が大変盛んに動いていて見ていてたまらなく楽しいらしい。
けっこう前から興味あったけれど、真っ暗な動物園は行ったことがないけれど、子供がもう少しだけ怖がらないようになったら行ってみようと思っている。
もうちょっと夜もおきていれるようになったら、絶対に、娘も楽しんでくれると思うから。
通常の動物園と異なった感じを私も妻もドキドキしながら体験してみたい。

凍えそうな仏滅の日没は座ったままで
いつも、自宅で個人的に行えるような仕事して、繁忙期に誘いがかかると派遣先に仕事に出る。
たった、ひと月に何回が、まじで面倒くさく思えて仕方ない。
ここまで嫌なら引き受けるの辞めてしまおうかと。
一日が始まればやる気になるけれど、大勢の社員に囲まれて、プロジェクトで仕事を成功させるのは大変だ。
と、友人に話すと、言いたいことは理解できるけど、とクスクス笑っていた。

ノリノリで体操する妹と私

高校生の頃よりNHK教育テレビを見ることがとっても多くなった。
昔は、父親やひいじいちゃんが見ていたら、民放の映像が視聴したいのに思っていたが、近頃は、NHKも視聴する。
かたくないものがめちゃめちゃ少ないと考えていたのだけども、最近は、かたくない番組も多いと思う。
そして、バラエティ以外のものも好んで見るようになった。
それに加え、攻撃的でないもの番組や息子に悪い影響がとても少ない内容のものがNHKは多いので、子供がいる今は視聴しやすい。
民放では、アンパンマンでさえすごく攻撃的のように見える。
毎週ぼこぼこにして解決だから、子供も笑いながら殴るようになってしまった。

じめじめした日曜の昼にお菓子作り
人それぞれに、嗜好や気になるものがあると思うが、それらを聞くのが好き。
仲の良い子に質問してみると、まとまったお金、スベスベの下着、恋人の事が大好きとの事。
プラス、異性の血管の出た腕。
それと、ドイツ語のひびき。
自分には不明。
りんごあめ、肌に直接ニット、軽い香水、声の低い女性が好きだと、伝えた。
同じく分からないとの事だった。
まさにこれは、フェチという部類だという。

無我夢中でお喋りするあの人とオレ

カメラ自体、マジで楽しいと思うけれど、それとは違って例外的と言うくらい好きなのがトイカメだ。
2000円強くらいで取り組みやすい物がすぐ得られるし、SDカードがあるならばパソコンですぐに再生できる。
眼前性や、瞬間を撮るには、充実した性能のカメラがぴったりだと思う。
しかし、その風情や季節感を写す時には、トイカメには他のどれにも負けないと熟考する。

雲が多い木曜の日没に散歩を
誕生日の記念に親友に貰った香水があり、フローラル系の匂いがする。
合うボトルを頭に置いて選んでくれた瓶で、ちっちゃくてリボンの飾りがついていてお洒落。
匂いの雰囲気も香水瓶も大きくいっても華やかとは言えない商品だ。
香水店には多くの香水が置いてあったけれど、目立たない場所に置いてあったもの。
形はほんとにちっちゃい。
上品でお気に入りだ。
どこかへ行くときだけでなく、仕事のときもバッグの中に、家で仕事をするときは机に置いている。
そのことから、私のカバンの中はどれもこの匂い。
いつでもつけているため、つけていないときは、「今日あの香りしないね」と気づかれる場合もたまにある。
香水ショップでいろいろ香りを試すことは好きだけど、この匂いは今までで最も気に入っている香りだ。

具合悪そうに熱弁する妹と霧

版画や写真など芸術観賞が好きな方だと思うし、絵も描けるのに、写真撮影がとても下手だ。
それでも、過去に上機嫌で、ペンタックスの一眼を持ってた時期もあって、どこに行くにも持ち歩いたりした。
あまりにもレンズが合わないし、ユニークなアングルなので、一眼レフが可哀想だった。
それでも、写真や現像は凄く面白いと感じる芸術だ!

陽の見えない仏滅の朝はビールを
今更ながら、ニンテンドーDSに熱中している。
最初は、英検対策に英語漬けや英語のゲームソフトを買っていただけであった。
しかし、ベスト電器でソフトを見ていたら、他の物についつい見てしまい、結局買ってしまう。
ソムリエDSやマリオカート、桃太郎電鉄など多数。
変わったソフトで、トラベルシリーズもヒットしている。
これは、移動中などの退屈な時間にも活用できそうだ。

↑戻る木
↑戻る木
Copyright (c) 2015 誰にでも訪れる冒険とハッピーエンド All rights reserved.